Daily Archives

One Article

葉酸(ようさん)とは

熱によって失われやすい葉酸は、調理法にポイントがあります。出来るだけ葉酸の流出を防ぐために、火を通さずそのまま食べられるのが一番良いのですが、食材によってどうしても加熱の必要がある時には加熱時間を短時間にしてサッと熱を通す程度にした方が良いです。

しかし、毎日の食事で、こうした調理を続けるのはなかなか大変だと感じる方も多いのではないでしょうか。

そんな時はサプリを活用すれば確実に補給出来るという点において、最も優れた摂取方法だと言えますね。

葉酸の摂取によって胎児の健やかな成長を促し、先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が明らかになりました。

こうしたことを踏まえ、適切な量の葉酸摂取を厚生労働省が勧告しています。

実際に葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦に特に利用されているといったことも多いそうなんです。

二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。

夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、言い出しにくい感じがしたので、とりあえず自分だけで、タイミング療法に取り組みました。

月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、即、妊娠できるというわけでもなく、姉に勧められた葉酸サプリを飲み始めました(結構高いらしいです)。

相乗効果なのか、早々に二人目の妊娠が判明。
ノンカフェインのほうじ茶
やったぁ!と思いました。

嬉しかったです。妊娠の計画をされている方や、妊娠初期の妊婦さんは普段の食生活以外に、充分な量の葉酸を摂取するように正式に厚生労働省が推奨しています。

なぜなら、十分な葉酸を摂る事で赤ちゃんの神経管閉鎖障害といった先天的な障害の発症リスクを低減してくれるとの報告があるのです。

サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、胎児の安全性を考慮した上で、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大切なポイントだと言えますね。

葉酸の摂取について、最も理想的なのは日常の食生活の中で摂取出来るのが良いと思います。

葉酸が多く含まれている食品を挙げてみますと、モロヘイヤ、小松菜、菜の花といった葉菜はもちろん、枝豆、納豆といった大豆製品や、ホタテなども含有量が多いです。